うつ病は治ります

うつ病は、薬を飲む治療などで、8割以上の患者が2-3週間で回復に向かいます。治る病気なのですが、日本ではうつ病の人の半分以上がきちんと治療を受けていないことが問題です。これは日本では欧米と違って気軽に精神科を受診できない風習のせいもあるでしょう。

ところで、tうつ病になりやすい性格の傾向としては、真面目で責任感が強い性格ということも手伝って、なんとか自分だけで解決しようとして受診に考えが及ばないことも原因のひとつです。

うつ病は大分いろいろとわかってはきましたが、まだ一般の人には未知の病気なので、治療が遅れたり、治療されなかったりするケースが多いようです。うつ病は治療を受ければすぐに完治するというわけではありませんが、症状はすぐに軽減されることを知っておきたいものです。治療を受けないことで症状が悪化することは避けたいですね。

うつ病の症状も軽いものは普通の人でも時々感じるような精神状態なのですが、もし適切な治療を受けなければ、一年以上続くこともありますし、最大の心配ごとである自殺の危険性も考えないといけません。

うつ病の治療とは?

うつ病の治療は基本的に患者をストレスから解放する事であるといわれています。うつ病は薬を飲めば良くなるのですから、出された薬をきちんと飲むように家族も気をつけるようにします。少し良くなったからと言って薬を飲むのを勝手にやめることはいけません。自分で管理させると飲まない患者も少なからずいるようなので家族が見て上げることが必要になってくるのですね。

うつ病の治療は、薬物治療と精神療法(カウンセリング)を組み合わせた治療が一般的です。1週間か2週間ごとに受診をしてうつ病の症状改善をはかります。うつ病の症状が重い場合などには入院をして治療をすることもあります。

うつ病になる人には責任感が強く、まじめで完璧主義の人が多いので、「頑張れ」と励ますことは患者を追いつめるので絶対にしてはいけないといわれています。患者を励ますと責任を感じてますますがんばってしまい、ストレスも多くなりうつが悪化することもあるので要注意です。

うつ病は治る病気

うつ病は、薬を飲む治療を受ければ、8割以上の人が2-3週間で回復に向かう病気ということは案外知られていません。

日本ではうつ病の人の半分以上が治療を受けていないことが問題となっています。精神科で診断を受けるのはまだまだ日本では敷居が高いことのようです。

うつ病になりやすい人の性格には真面目で責任感が強い性格ということも理由になって、自分だけで解決しようとしてしまい、病院にいくことを考えないこともうつ病の治療に訪れる患者が少ない原因のひとつになっています。

うつ病はまだまだ一般の人にはよくわからないことが多く、治療が遅れたり、治療されなかったりすることが多いといわれています。治療の機会を逃してしまうと悪化してしまう恐れがあり、自殺に繋がる危険性もあることが懸念されています。

うつ病は治療すれば症状はすぐに軽減されるのですが、治療もせずに苦しむことが多く起こっているのが現状です。

うつ病の症状は普通の人でも時には感じたりする精神状態なのですが、もし治療を受けなければ、一年以上も不快な症状が続くこともあるので病院にいくことが大事です。

うつ病の治療とストレス

うつ病の治療は患者をストレスから解放する事が基本であるといわれています。またうつ病は薬を飲めば症状が良くなるので、医師から出された薬をきちんと飲むように、周りの家族も気をつけてあげましょう。自分で判断して飲まなくなることもあるので要注意です。

うつ病の治療としては、一般的に薬物治療と精神療法(カウンセリング)を組み合わせた治療が行われます。1週間か2週間ごとに受診をしてうつ病の改善をはかりますが、もしうつ病が重い場合には入院治療を薦められることもあります。

その他にも音楽療法(ミュージックセラピー)がうつ病の改善に効果があるといわれています。

うつ病になりやすいといわれている人には、責任感が強くて真面目で完璧主義の人が多いということもあるため、あまり励ます言葉は患者を追いつめることになるので言ってはいけないと言われています。

うつ病患者の人には励ますよりも、ストレスを少なくするような言葉をかけてあげることが良いと言われています。たとえば「いつもがんばっているのだから少し休んでいいよ」「ゆっくりして」といったいたわりの言葉をかけてあげるようにしましょう。

うつ病の治療解消とストレス解消

うつ病の治療の基本はストレスから解放してあげる事といわれています。限界を超えてがんばってしまう性格の人がうつ病になりやすいということもあって、それ以上がんばらせてはいけないのですね。

うつ病の治療としては、薬物治療と精神療法(カウンセリング)を組み合わせた治療が一般的です。1週間か2週間ごとの受診でうつ病の症状の改善をはかります。うつ病が進んで症状が重い場合などには入院治療を行うことで効果が上がることもあります。

うつ病になる人には責任感が強く、真面目で、完璧主義の人が多いので、患者を励ますと責任を感じてますますがんばってしまい、それがストレスとなってうつ病の病状が悪化することもあります。

音楽療法もうつ病には効果的と言われています。好きなヒーリング音楽を聴いてリラックスしてストレスを少しでも軽減するようにしましょう。

うつ病とモーツァルト療法

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756年1月27日 – 1791年12月5日)は最も有名なクラシック音楽の作曲家の一人です。オーストリアのザルツブルクに生まれ、ウィーンで35歳の若さで没しました。

モーツァルトの音楽には、高血圧、不眠症、冷え性の改善、リラクゼーション、胎教、脳の活性化など、さまざまな健康効果があると言われています。これはモーツァルトの曲には、高周波音が非常に多く含まれていることに関係しているからで、高周波音は脳を活性化して、脳内ホルモン分泌を活発化する働きがあるからとされています。

免疫力や集中力を上げたり、花粉症、ストレス、肥満にもモーツァルトの音楽が効果的と注目を集めています。モーツァルトの音楽を聴くことで、ストレスを緩和したり、精神的に満たされて、さまざまな身体の不調の改善に効果を発揮します。

疲れた時やイライラした時に音楽を流してリラックスしましょう。