<うつ状態>中学生の4人に1人

<うつ状態>中学生の4人に1人 厚労省調査

 中学生の4人に1人が「うつ状態」を示す調査結果を厚生労働省の研究班(主任研究者、保坂隆・東海大医学部教授)がまとめた。調査対象者が約600人と少なく、治療が必要な患者がどの程度いるかは不明だが、子どもの自殺防止策の参考データになりそうだ。

 調査は06年8月、静岡県内の公立中学校1校の1~3年生計566人を対象に、国際的に使われている手法で実施。「生きていても仕方ないと思う」「独りぼっちの気がする」など18項目を質問し、「いつもそうだ」「ときどきそうだ」「そんなことはない」の三択から選ばせた。結果は、うつ状態、うつ状態でないのどちらかに分類される。

 すべての項目に回答した557人(男子285人、女子272人)について分析した結果、男子が20.7%の59人、女子が28.7%の78人、全体では、24.6%の137人がうつ状態を示した。

 自殺者の多くがうつ病など精神疾患にかかっており、うつ対策は自殺予防の柱。保坂教授は「いじめだけでなくさまざまな理由から子どもがうつ状態になっている可能性がある。子どもの自殺を減らすためには、担任教諭が1対1で子どもと話をするなどしてうつ状態に早く気づき、適切な対応をすることが重要だ」と話す。

 政府は自殺総合対策大綱案(素案)の中で、人材養成を重点施策の一つとしており、学校現場の担任や養護教諭らの役割も期待されている。

 国内の自殺者は警察庁の調べで、98年以降8年連続で3万人を超えている。小、中、高校でみると、05年は小学生7人、中学生66人、高校生215人に上っている。

(以上エキサイトニュースより抜粋)

中学生にうつ病患者がこんなに多いなんて、びっくりです。
箸が転がってもおかしい年頃なんていわれていたのはもう過去なのでしょうか。
せっかく生まれてきたのだから子供時代くらいは楽しく過ごせたらいいのに。。。
もし子供が自殺なんて考えているとしたら本当に悲しいことです。
数字になると余計に考えさせられます。

うつ病とまじめな性格

うつ病は最近でこそ誰でもなる可能性があると言われるようになってきましたが、以前は人知れず悩む病気でした。

うつ病にはなりやすいタイプと言われる性格があります。

その中のメランコリー親和型性格は、秩序を重んじる性格で、几帳面、律儀、生真面目であまり融通が利かないといった性格とされています。このような性格の人は一般的に真面目なので周りからも信頼が暑く、頼りにされて要職に就いていることも多くなります。するとますます重圧がのしかかり、ストレスがたまってしまい、うつ病になりやすくなります。

また、うつ病の人には創造性が高いアーティストや、特に作家が多いことも有名です。

うつ病になりやすい性格のひとつ、執着性格は、仕事熱心、几帳面、責任感が強いといった特徴があります。

循環性格は、社交的で親切、温厚で、優柔不断な面があり決断力が弱いため板鋏状態になり葛藤しやすい特徴があります。

3つともごく普通の真面目な性格なのですが、周りの期待にこたえようと無理をしすぎる傾向がありますので注意が必要です。

うつ病の症状が2主観以上も続く場合は、念のため病院に行って診察してもらうと安心です。
うつ病対策には早期発見と早期治療がとても大切なのです。

うつ病とモーツァルト療法

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756年1月27日 – 1791年12月5日)は最も有名なクラシック音楽の作曲家の一人です。オーストリアのザルツブルクに生まれ、ウィーンで35歳の若さで没しました。

モーツァルトの音楽には、高血圧、不眠症、冷え性の改善、リラクゼーション、胎教、脳の活性化など、さまざまな健康効果があると言われています。これはモーツァルトの曲には、高周波音が非常に多く含まれていることに関係しているからで、高周波音は脳を活性化して、脳内ホルモン分泌を活発化する働きがあるからとされています。

免疫力や集中力を上げたり、花粉症、ストレス、肥満にもモーツァルトの音楽が効果的と注目を集めています。モーツァルトの音楽を聴くことで、ストレスを緩和したり、精神的に満たされて、さまざまな身体の不調の改善に効果を発揮します。

疲れた時やイライラした時に音楽を流してリラックスしましょう。

うつ病と音楽療法(ミュージックセラピー)

音楽の力によって、高血圧や不眠症といった様々な病気を改善させる治療法が音楽療法、ミュージックセラピーと呼ばれています。

特にモーツァルトの音楽には、生体機能に刺激を与える高周波、精神をリラックスさせる「揺らぎ」が豊富に含まれているため、リラックス効果に優れていると言われています。

音楽による治療効果も古くから知られ、ダビデはサウルのうつ病を竪琴で治したとされています。第二次世界大戦により大量の傷病兵を出した米国は野戦病院において音楽を流したり、演奏してみたところ兵士の治癒が早まりました。その後米国を中心として音楽による治療効果が立証されました(1830年ディーサンズDiserensなど)。

高齢者ケア、引きこもり児童のケアなどの現場でも活発な活動が行われ、研修、研究機関を設けるところも出てきました。

音楽療法の対象としては、老人、発達障害者、メンタルヘルス、肉体的障害者、不登校児、学童、幼年期、薬物乱用者、神経障害者などがあります。
気分が落ち込んでいる時に好きな音楽を聞いてリラックスしたり、明るい気持ちになったり、意欲が湧いて元気付けられることも音楽療法のメリットです。