躁うつ病の症状とは?

躁うつ病とは躁状態、うつ状態という病相を繰り返す病気ですが、躁うつ病の原因は遺伝的な要因が大きいことが知られています。原因は遺伝子のみならず、社会的・環境的な要因も関係していると考えられています。

躁状態とは気分が高揚している状態です。躁うつ状態の入れ替わりは個人によって異なりますが、数週間から数ヶ月、数年かかる場合もありますが、1日の内で躁とうつが交代する場合もあります。気分のむらが激しい場合も生まれ持った性格なのか、躁うつ病などの病気なのか、素人には判断が難しいところです。

躁うつ病のうつ状態はうつ病の症状と同じく、悲しみ、集中力や思考力、決断力、エネルギーが低下する、今まで好きだった事にも興味を失う、自分に価値がないと思い込む、自責感、絶望感、無力感を感じるなどです。自殺願望や睡眠障害、食欲減退、食欲亢進などです。

躁状態の時には気分が高揚し、行動が活発になる、話好きになる、競争心が増す、誇大妄想になる、注意力が散漫になり判断力に賭ける言動をするようになるなどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です