うつ病、仮面うつ病の治療は早く始める

うつ病の中でも軽症うつ病は症状の比較的軽いうつ病で、別名「仮面うつ病」とも呼ばれています。

この仮面うつ病は女性の方がかかる率が高いといわれるうつ病なのです。

仮面うつ病は、うつ病の中でも一般的に精神的な症状より身体的症状のほうがより強く表立って表れることが特徴ですが、うつ病の症状のうちでも頭痛、不眠、食欲不振、腹痛、便秘、下痢、吐き気、しびれ、動悸、腰痛などの身体的症状ばかりが目立つことが特徴です。これではうつ病と気づかれないことが多いのもうなづけます。

反面うつ病ではこのように精神的な症状は目立って現れず隠されているため、仮面をかぶった「仮面うつ病」という名前で呼ばれています。

このように体の症状が目立つ仮面うつ病ではありますが、それでも気分の落ち込み、意欲の低下、集中力の低下などといったうつ病本来の精神的な症状も目立たないながらも見られることが多いといわれています。

うつ病はストレスが高じて起きることも多いので、まずは休養をとることが大事です。仕事を休み、ゆっくりと休養と睡眠をとって、現実から逃避しましょう。軽症であれば仕事を続けながら薬物療法を行うこともできますが、仕事のペースを落とすことでストrス軽減をはかります。

うつ病と診断されたら診療内科や精神科などに通院しながら、抗うつ剤などの薬を飲みます。うつ病の精神的なイライラ感などの症状が強かったり、自殺願望が強い場合は入院治療も行われます。

うつ病では本人を決して励ましたり、しかったりしないことが大切といわれているように、うつ病患者を追い詰めてしまう言動は避けることも重要です。うつ病は治療を受ければすぐによくなるからと安心させることが良いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です