うつ病は治る病気

うつ病は、薬を飲む治療を受ければ、8割以上の人が2-3週間で回復に向かう病気ということは案外知られていません。

日本ではうつ病の人の半分以上が治療を受けていないことが問題となっています。精神科で診断を受けるのはまだまだ日本では敷居が高いことのようです。

うつ病になりやすい人の性格には真面目で責任感が強い性格ということも理由になって、自分だけで解決しようとしてしまい、病院にいくことを考えないこともうつ病の治療に訪れる患者が少ない原因のひとつになっています。

うつ病はまだまだ一般の人にはよくわからないことが多く、治療が遅れたり、治療されなかったりすることが多いといわれています。治療の機会を逃してしまうと悪化してしまう恐れがあり、自殺に繋がる危険性もあることが懸念されています。

うつ病は治療すれば症状はすぐに軽減されるのですが、治療もせずに苦しむことが多く起こっているのが現状です。

うつ病の症状は普通の人でも時には感じたりする精神状態なのですが、もし治療を受けなければ、一年以上も不快な症状が続くこともあるので病院にいくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です