仮面うつ病の問題点

仮面うつ病は、うつ病の症状のうち、身体の異常ばかりが目立ち、うつ病独特の精神的な症状が表面化せずに隠されている状態のうつ病のことです。

身体的疾患の仮面を付けたうつ病なのですが、食欲不振、著しい体重減少、疲れやすい、頭痛、手足の冷え、動悸がするなどの症状のため、病院でみてもらっても、医師がうつ病を見逃すこともあります。身体的な症状から判断されると、胃潰瘍、片頭痛、更年期障害など、全くうつ病とかけ離れた診断を下されることが多く、診断された病気の治療を行うも症状が一向に回復しないといったケースもあります。

こうしている間にもうつ病が進行して悪化すると、自殺の危険性が出てきてしまうことが大きな問題です。

本来うけるべきうつ病の治療が遅れて病状が進んでしまうことは避けなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です