子供のうつ病に気をつけましょう

子供のうつ病になったら。。。幼い子供の場合は自分の症状をなかなかうまく言葉にあらわせないことが多いので普段と違う兆候を見逃しがちです。

子供のうつ病の場合、笑いが少なくなったり、明るい表情が少なくなったり、涙を流す、小さなことで情緒不安定になる、悲観的な言動が多くなる、学校に行きたがらない、学校に行っても保健室へ行くことが多くなったなどの行動がうつ病の兆候の可能性があると言われています。

子供の頃を思い出してみると、こういった経験は誰でも1度くらいは経験していそうですね。

また子供の描く絵画には、その子供の心理状態がよく表れているので判断材料にされると言います。子供の描く絵が黒やグレイなどの暗い色ばかりだったり、凄惨なテーマで描く、人物の表情が悲しい、怒りの表情、タッチが荒々しく怒りを感じるなどであったら、子供に不満や不安などがないか注意してあげましょう。もし症状があれば病院で受診することが大切です。

うつ病になると不登校の確率も高まります。うつ病で一番心配なことは自殺なので、早めに気がついて治療をできるように。子供を取り巻く環境も昔に比べると大人社会と同様にストレスが多くなってきているので、家庭では思い切りリラックスできる場所にしてあげたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です