うつ病の大うつ病小うつ病

うつ病は精神面、身体面、ともにいろいろな症状があらわれますが、うつの程度と持続期間によって重症のうつ病である「大うつ病」と軽症のうつ病の「小うつ病」に分けられます。

日本人の間にも以前に比べるとうつ病の知識が広まってはきましたが、軽いうつ病の場合は他人から見ると普通に見えるために甘えや怠け者と誤解されたり、本人がうつ病と思わずに、治療を受ける機会を逃しているケースも多いようです。

うつ病は治療を受ければつらい症状が良くなり、治る病気なので早めに診察を受けて治療をしましょう。重症化してしまう前に治療を開始すればそれだけ早く治ります。健康なときからうつ病の症状や原因などを知っておくことで、もし自分や家族にうつ病の症状があらわれた時にも慌てないですみます。

うつ病になりやすいのは女性の方が多いので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です