うつ病の症状とは?

うつ病の身体的な症状とは?

うつ病になると自覚する症状にはまず、睡眠障害、特に早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付くことが出来なくなり睡眠不足に陥ることが多くなります。また過眠、食欲不振、過食、全身の倦怠感、疲労感、吐き気や腹痛、過呼吸症候群、頻脈や心悸亢進、頻尿、口渇、発汗、眩暈、便秘、性的障碍、月経不順といった自律神経や内分泌系のアンバランスで起きる症状が見られます。

うつ病の精神的な症状としては主に、抑鬱気分、気分がよく変わる、絶望感、不安感、焦燥感、自殺観念、心気妄想、罪業妄想などがあります。抑制症状と呼ばれる行動の変化が見られる事もあります。

身体的症状の自覚ばかりが目立って、精神的症状の自覚が目立たない状態のうつ病は「仮面うつ病」と呼ばれ、中には強迫症状やパニック障害・不安障害を併発する場合もあります。

うつ病の場合は半数近くの方が、朝の起床時にうつの症状が最も強く現れて、その後時間が経つとうつの症状がだんだん良くなっていくことが多くおきます。

朝つらくても午後になると治るのでますますがんばってしまい、うつ病が悪化してしまうこともあるので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です