うつ病と音楽療法(ミュージックセラピー)

音楽の力によって、高血圧や不眠症といった様々な病気を改善させる治療法が音楽療法、ミュージックセラピーと呼ばれています。

特にモーツァルトの音楽には、生体機能に刺激を与える高周波、精神をリラックスさせる「揺らぎ」が豊富に含まれているため、リラックス効果に優れていると言われています。

音楽による治療効果も古くから知られ、ダビデはサウルのうつ病を竪琴で治したとされています。第二次世界大戦により大量の傷病兵を出した米国は野戦病院において音楽を流したり、演奏してみたところ兵士の治癒が早まりました。その後米国を中心として音楽による治療効果が立証されました(1830年ディーサンズDiserensなど)。

高齢者ケア、引きこもり児童のケアなどの現場でも活発な活動が行われ、研修、研究機関を設けるところも出てきました。

音楽療法の対象としては、老人、発達障害者、メンタルヘルス、肉体的障害者、不登校児、学童、幼年期、薬物乱用者、神経障害者などがあります。
気分が落ち込んでいる時に好きな音楽を聞いてリラックスしたり、明るい気持ちになったり、意欲が湧いて元気付けられることも音楽療法のメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です