仮面うつ病の症状?

仮面うつ病はうつ病の一種で、身体的症状のみが目立ち、うつ病独特の精神的な症状が表立って出てこない状態のうつ病です。

食欲不振、著しい体重減少、疲れやすい、頭痛、手足の冷え、動悸などの症状があって病院に行っても、中には身体的な症状から判断されたために胃潰瘍、片頭痛、更年期障害などと誤診されることもあることが問題です。

仮面うつ病は本当はうつ病のために症状がでているのにもかかわらず、別の病気と間違われてしまい、うつ病の治療が遅れてしまうことが懸念されます。

早期発見早期治療が重要なうつ病なので、別の病気の治療をしているうちに、うつ病自身の治療をする機会を失って症状が進行してしまうことは避けたいことです。