うつ病の軽症うつ病の症状とは?

うつ病でも程度の軽い軽症うつ病で、若い女性に多く発症するうつ病があり、仮面うつ病とも呼ばれています。仮面うつ病では、精神的な症状よりも体の症状が強く表れ、頭痛、不眠、食欲不振、腹痛、便秘、下痢、吐き気、しびれ、動悸、腰痛などの症状があります。

身体的な症状が目立つ仮面うつ病であっても、気分の落ち込み、意欲の低下、集中力の低下などといったうつ病本来の精神的な症状もあります。
という
気分の障害では、気分が沈み、落ち込んだり、何をしても面白くない、抑うつ気分や、イライラして落ち着かない不安や焦燥感に駆られることもあります。

また、私はだめだと思ったり、何をやってもうまくいかないと悲観的になったりします。考えをまとめることがうまくできない、自己評価も低くなり、物事を悪い方に解釈する傾向があることもあります。

何をするにも億劫でやる気が出ないといった行動や意欲の低下がみられることも多く、日常の仕事や家事に支障をきたすこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です