子供のうつ病に注意

子供のうつ病の症状も大人の場合と同じように食欲不振、体重減少などが起こります。

その他に、子供のうつ病の症状として、体重が増加しない、吐き気、頭痛、腹痛、めまいなどの身体症状などが現れます。またイライラしたり、注意力が低下する、集中できなくなる、寡黙になる、不登校、引きこもりなどの行動も見られることもあります。

子供の起床時の疲れや孤独感、不眠、倦怠感などの症状があっても、そばにいる親でも気が付かないでいるとうつ病の治療のチャンスを逃してうつ病が悪化してしまうこともあります。子供の様子をいつも良く見ていないと見逃してしまいそうですね。

また、その他にもうつ病になると、物事に興味がわかなくなる、憂うつ感がある、理由もなく悲しくなる、ささいなことにイライラしたり怒りっぽくなったりする症状に悩まされます。寝付きが悪く、途中で目覚めてその後ずっと眠れなくなったり、食事がおいしくない、腹痛や頭痛、疲れやすいなどの症状も見られますが、これらのいくつかが同時に現れることもあります。

うつ病は早期に治療をすれば悪化せずにすみ、決して治らない病気ではないのですが、うつ病だと気がつかずに重症化することがあるので注意しましょう。うつ病を放っておくと最悪の場合自殺につながることもあることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です