うつ病かもしれない

うつ病かもしれないと思う症状に心当たりがある場合には迷わず受診できると良いですね。なかなか精神科の病院に行くのは気が進まない人も多いかもしれません。でもうつ病は心の風邪のようなものなので、早期に治療をすれば治るのも早いのです。

うつ病の症状にはさまざまなものがありますが、心と体の両方にあらわれることがあります。

憂鬱な気分が長く続いて、気分が落ち込む、理由もなく悲しい気分になる、集中力が低下して判断力が鈍る、孤独感や悲壮感を感じる、不安を感じる、気分がすっきりしない、人に会ったり話したりしたくなくなる、自責の念にかられる、自分はだめな人間と思い込む、過去にこだわりすぎる、自信喪失、などがうつ病の精神的な症状といわれています。

とかくマイナス思考に陥り、思い込みが極端になり自分で自分を苦しめてしまうことも多くなります。

また、うつ病の身体的な症状には、だるい、疲れがとれない、頭痛、頭が重い、めまい、たちくらみ、吐き気、胸やけ、不眠・多眠、食欲、性欲の減退、動悸、息切れなどがあります。

過労の時の症状とよく似ていますが、休息をとったりして、特に原因もないと思えるのに、こうした症状が2週間以上も長引く場合は診断を受けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です