うつ病のきざしとうつ病の症状に気をつけて

うつ病のきざしがあらわれると、精神的な症状として、抑鬱気分、気分変動、絶望感、不安感、焦燥感、自殺観念が芽生える、妄想、罪業妄想等があり、抑制症状と呼ばれる行動の変化があえあわれることもあります。心理的な変化は自分でも疲れているのかなと思ったり、こんなことではだめだとますますがんばってしまうことも多いので周りの人も気をつけてあげたいですね。

またうつ病の身体的な症状には、睡眠障害をはじめ、特に朝早く目覚めてしまい、その後寝付くことが出来ないことも多くなります。そして過眠、食欲不振、過食、全身の倦怠感、疲労感、吐き気や腹痛、過呼吸症候群、頻脈や心悸亢進、頻尿、口渇、発汗、眩暈、便秘、性的障碍、月経不順などの自律神経や内分泌系の症状もうつ病の症状としてあらわれます。

うつ秒のなかには身体的症状の自覚のみがより目立つため、精神的症状の自覚が目立たないこともあります。その場合のうつ病は「仮面うつ病」と呼ばれ、なかには正しくうつ病と診断されずに病気の特定ができないばかりか、全く別の病気を診断されうつ病の治療が遅れてしまうこともあるので注意が必要です。

強迫症状やパニック障害・不安障害を併発する場合もあります。

うつ病の患者さんでは半数近くの人が、朝起きたときにうつ状態がいちばん強く出る事が知られています。その後時間が経つにつれて薄れていくといった傾向があります。

それでも午後になるとうつ病の症状がよくなるので、本人はまたがんばろうという気になり、病院に行く機会を失いがちです。治療を逃すとうつ病を悪化させてしまうことが多いといいます。

うつ病は薬を飲めばきちんと治る病気なので、できるだけ早く病院で診察してもらうことが大事です。欧米のように気楽に精神科の主治医に悩みを打ち明けられると良いですね。国が違えば風土も習慣も違うのでなかなかむずかいことではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です