うつ病と自殺の心配・ヤフーニュースより

うつ病はいまや誰でもかかる可能性のある病気として認識されてきた感がありますが、まだまだその深刻性は知られていないような気がします。

うつ病、プチうつ、特に女性のうつ病が周りにも増えてきています。
それも神経質な女性というわけではなく、むしろその逆で、普段から元気があって前向きな人がしばらく連絡がないと思っていたら「うつ病だった」と聞かされるケースが多いのです。

うつ病は薬を飲んできちんと治療をすれば治る病気なので、恐がらずに精神科のお医者に相談することが大切なのですね。周りの家族の理解と協力も必須です。なぜならうつ病をそのまま放置していると自殺に繋がる危険性があるからなのです。

うつ病の最大の危険は自殺することと言っても過言ではありませんね。

ヤフーニュースにこんなうつ病の記事をみつけました。
こんなになる前に何とか病院につれていくとか、この女性を救えることができなかったのかとかわいそうでたまりません。
これからこんな事が起きないように祈るばかりです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071026-00000016-mai-soci

以下ニュースより一部抜粋。

 東北地方の小さな町で昨夏、50代の女性が海に身を投げた。死後、自宅から総額約1385万円のクレジット契約書と封も切られていない大量の呉服が見つかった。契約は支払い能力をはるかに超え、返済に窮した女性はうつ病を発症していた。「質素な母がなぜこんな買い物をしなければならなかったのか。(支払い能力の)審査がずさんでなければ、母は死なずに済んだはず」。大手クレジット会社の過剰与信に追い込まれた果ての死を、息子らは悔やむ。

 「これ以上めいわくかけたくないです。そう式もかんたんに」「今度生まれてくる(長男の)赤ちゃん顔見たいです」

 台所のテーブルに置かれた孫の漢字学習帳。9ページにわたり書かれた遺書の字はひどく乱れ、「世界一バカ バカ」と何度もつづられていた。

 昨年6月の早朝。女性は家族の就寝中に家を出て、近くの海岸で変わり果てた姿で発見された。

 女性は夫と小さな商店を営んできた。自殺後、バッグから33件の分割払い契約書が見つかり、押し入れには帯封が切られていない着物や値札がついたままのバッグが多数残されていた。契約は9年前に始まり、間が2日しかないものも。約1000万円分がオリエントコーポレーション(オリコ、本社・東京都千代田区)との契約だった。「必ず記入」とある年収やローン残高が空欄のものが多かった。

 穏やかだった女性は一昨年末から四六時中いらだち、「眠れない」と繰り返した。うつ病と診断され、帰省した長男に「人に会うのが怖い」とつぶやいた。家族には原因が分からなかったが、自殺する2週間前にも125万円の大島紬(つむぎ)をクレジット契約していた。

 世帯の年収は約200万円。支払いは月十数万円まで膨らみ、女性はなけなしの定期預金40万円を解約し、銀行のカードでキャッシングを繰り返しては返済に充てた。

 町では年数回、呉服販売業者が展示会を開いていた。女性が多額のクレジット契約を結んだ状況は不明だが、遺族によると、女性は呉服業者が自分の店に注文した商品を配達に行った際、初めて会場に足を踏み入れた。以後、業者の地元スタッフが女性の店に頻繁に現れ、家で取れたという野菜を置いていくこともあったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です