グリーンセラピー森林浴の健康効果とうつ病・がん闘病にも有効

森林浴の健康効果は思ったよりもすごいようです。

グリーンセラピー、園芸療法というものもだんだん認識されてきています。

たしかに高原の緑や森の中にたたずむと森林浴効果で落ち込んでいた気分がとてもリフレッシュされますね。それは新鮮な空気のせいだけではなく、木々から発散されるフェトンチッドという物質の効果でもあるのです。ストレス疲れには森林浴、自然の景色が恋しくなりますね。

グリーンセラピーでストレスの多い都会生活では部屋に観葉植物を飾ったり、パソコンデスクにミニグリーンやサボテンを飾るだけでもかなり違ってきます。

健康効果は薬を飲むよりも高いともいわれている自然の癒しの力、残念ながら年々わたしたちの普段の生活からは遠ざかっているように思えます。忙しい毎日で身の回りの自然に目を向ける暇もないというのが現状のような気がします。

たまには近所の公園に出かけて自然の中で過ごすこともうつ病などを予防するのに必要なことのように思います。

実際にも私の叔父は進行した胃がんと宣告されたのですが、毎日早朝の散歩を欠かさず前向きに闘病しているおかげか化学療法の副作用も全くなく、医師の宣告寿命より4ヶ月経った現在も家族の誰よりも元気です。

朝早い時間に森林浴することは健康効果も一番高いのです。なぜなら木々から発散されるフェトンチッドは1日でも早朝が一番濃厚だからなのです。

きっと叔父はそんな森林浴のことは詳しく知らずに、ただ森の中を歩くのが気持ちが良いからという理由で森林浴散歩をしていたものですが、結果的にはとても効果的に抗がん治療に働いたのですね。

このままがんが小さくなったら手術ですが、完治することを願いつつ、叔父に力をくれていたのは公園の自然の植物たちのグリーンパワーが大きかったのではと思うこのごろです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です