仮面うつ病とは何でしょう?

仮面うつ病とは、身体の異常が前面に出ることで、うつ病独特の気分や精神的な症状が表面に出てこないで隠されている状態のうつ病のことです。

『仮面うつ病』は身体疾患の仮面をかぶったうつ病という意味ですが、精神医学的には正式な診断名ではありません。

食欲不振、著しい体重減少、疲れやすい、頭痛、手足の冷え、動悸がするなどの症状があるので病院で診察を受けても、医師がうつ病と見抜けずに、症状から判断して胃潰瘍、片頭痛、更年期障害といった全く別の病気と間違えられて診断されることもあります。

仮面うつ病はうつ病なのに他の病気の治療を行っている間に、本来のうつ病の治療をする機会を失い、病状が進んでしまうことが問題です。うつ病が進行して悪化すると最悪の場合自殺などの心配が出てくることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です